負担が少ないほくろ治療がベスト【皮膚の状態が良くなるような治療】

きれいに除去できます

女性

最近ではレーザー治療でほくろをきれいに除去することができます。クリニックを探す時には、カウンセリングが丁寧など、信頼できるところを選ぶようにします。治療後は、クリニックでの説明をよく聞き、注意点を守るようにすることが大切です。

詳しく見る

基本的なこと

医者

ほくろ治療は、カウンセリングから始まります。不安な点や要望の確認、診断によるほくろの状態の把握など、治療のための準備を行います。レーザー治療では、二種類のレーザーを使って除去をします。炎症が軽度など、負担が小さいことが大きなメリットです。

詳しく見る

費用の目安と心構え

カウンセリング

ほくろ治療の値段は大きさによって大部分が決まり、治療法はそれほど影響はしません。また、技術の高いクリニックを選ぶことや、適切なアフターケアを意識することで、術後に傷が残る心配をしなくて済みます。治療法より大事なことが多くあります。

詳しく見る

取り除きたい場合は

ほくろ

レーザー治療でほくろ除去をする場合、短時間で済むのがメリットです。しかも患部にだけ当てるので、周りの組織が傷つく確率が低いです。しかも美容クリニックでは試し打ちをしてもらえたり、格安でできたりします。

詳しく見る

色々な方法がある

ほくろ

特徴によって使いわける

ほくろの治療は美容クリニック以外では皮膚科の病院でも受けることができます。違いは美容クリニックでは仕上がりにこだわっているという点で、ほくろを取るだけでなく、その後の皮膚の状態が良くなるような治療を行うようになっています。大きなほくろは特にそうですが、取り除く方法が適切でないと傷跡が残ってしまう可能性があるからです。美容外科クリニックで行われている施術で最も多いのが炭酸ガスレーザーを用いた方法です。水に反応するレーザーを使って治療を行いますが、必要のある場所だけを削り取るので傷跡が残りにくいという特徴があります。また時間がかからないことや、一度に何か所かの治療ができるところもメリットです。しかし、大きなものや膨らんだタイプのものは、上手に取りきれないことがあるので、そういった場合に用いられるのが電気メスを使った方法です。しっかりと取り除くことができるので再発を起こし肉ところが良いところです。これらの治療法がメインとなっていますが、最近増えてきているのが、Qスイッチレーザーという方法で、黒い組織だけに反応するレーザーを使って施術を行います。より、傷跡が残りにくく負担が少ない方法なので、人気が高まっている施術法です。ほくろの治療で重要なことは、どこまでの完成度を必要とするかを医師と話し合っておくことです。施術を受けても完全に摂りきれていない時には再発をする可能性が高くなります。しかし、大きく取り除くような施術を受けると傷跡が目立ってしまうこともあります。どちらを優先するかは施術を受ける人が決めることになるので、事前に決めておくことが大切です。もし、どちらにしたらいいかわからないという時には、カウンセリングの段階で担当医に相談をしておきましょう。メリットとデメリットをよく確認した上でどちらにするかを決めます。小さなものであれば、傷跡も残りにくいので、そこまで気になる心配はないでしょう。小さなものはいくつもできていることがあるので、それらを全て取り除く時に傷ができてしまうと、顔の印象が悪くなってしまう可能性も考えられるので注意が必要です。大きなものなど、どうしても再発を防ぎたいという時には、しっかりと取り除くことで再発の可能性をかなり抑えられます。またほくろの種類によっても再発を起こしやすいものと、そうではないものがあるので、実際に診察を受けた時にどちらのタイプなのかを医師に聞いておくと、治療方針の参考になります。

Copyright© 2018 負担が少ないほくろ治療がベスト【皮膚の状態が良くなるような治療】 All Rights Reserved.