負担が少ないほくろ治療がベスト【皮膚の状態が良くなるような治療】

きれいに除去できます

女性

大切なポイント

自分の顔などのほくろが気になるという人は、専門のクリニックなどで除去することができます。昔は、メスなどで切除するしかありませんでしたが、現在ではレーザーを使用する方法も開発され、より負担の少ない、跡の残らないような治療することが可能になってきています。レーザーを使用してほくろをなくす方法のメリットは、まず、治療時間が短くて済むということがあります。大きさによって時間は異なりますが、一般的に一つあたりの照射時間自体は数分程度です。また、皮膚を切ることがないので、傷が残りにくくなります。そして、さまざまな大きさに対応することができます。レーザーを希望する場合、まずそのクリニックなどがレーザー治療をしているかどうかを事前に調べることが必要です。現在では多くのクリニックで行われていますが、念のため確認しておくと安心です。また、治療の前に、カウンセリングが行われますが、このカウンセリングが丁寧で、納得できるように説明してくれるクリニックであるかどうかも大切です。やはり、信頼できるかどうかはクリニック選びのポイントの一つと言えます。費用はクリニックによって異なりますが、その金額についても明瞭で、事前に教えてもらえるクリニックを選ぶようにします。レーザー治療は、ほくろにレーザーを照射することでほくろを蒸散させます。そのため、皮膚切開をする方法などに比べて、傷跡の心配がほとんどありません。しかし、まったく何も影響がないということではありません。レーザーによって皮膚は高熱にさらされるため、治療後すぐは、患部はやけどのような状態になります。しかし数日経つとだんだんと患部がかわき、やがて赤みなどが消えてきれいになります。完全に赤みなどが消えるまでには数か月かかりますので、すぐに消えないからと慌てないようにします。また、再び同じところにほくろができることもあります。そのような時には、再びクリニッに相談して治療方法を検討します。通常、治療した日に入浴などできるようになります。化粧ができるようになる日数などもクリニックで説明があるのでよく聞いておくようにします。注意点としては、数か月は紫外線をあまり浴びないようにします。紫外線を多く浴びると、跡になったりシミができやすくなったりする可能性があります。日焼け止めをしたり、必要以上に紫外線の強いところに長時間いないようにします。また、美容目的のほくろの除去は、通常保険適用にはならず、全額自己負担になりますので、その点も注意が必要です。

Copyright© 2018 負担が少ないほくろ治療がベスト【皮膚の状態が良くなるような治療】 All Rights Reserved.